読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@neiraza

2匹の怪獣が寝た後にプログラマーしてる、最近はサイバーエージェントでゼミ長もしてる僕のネタ帳

iPhoneアプリ開発講座を受講する その11

土曜日に行ってきた講座のおさらい。


そろそろ終盤ということで、
課題演習時間が長くなってきたので、今回も短め。

一応というレベルでおそわったのが、「Particle」。
例えば、こんな感じ。

f:id:redogu:20120124225206p:plain

これはこんな感じで実現。
Comet.plistを適当な場所に置いて、こんな感じで呼び出せば実現できる。

CCParticleSystemQuad *ps = [CCParticleSystemQuad particleWithFile:@"Comet.plist"];
[self addChild:ps];

別にplistを用意しなくても、デフォルトでこんなこともできる。

f:id:redogu:20120124231209p:plain

CCParticleSnow *snow=[CCParticleSnow node];
[self addChild:snow];

これだと雪というか「白い四角」が降ってくるだけなので、
降ってくる画像をかえてあげればよい。
一番、手っ取り早いと思うのが、元ソースの全コピ。

このCCParticleSnowってやつのソースをコピって、クラスを新規作成する。
そうすれば値もカスタマイズできるし、使用するファイルも適当なやつに変えられる。

とまぁ、そんな感じ。


あとはまぁ、使い方・使う場面に気をつけていけばいいんじゃないでそか。