読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@neiraza

2匹の怪獣が寝た後にプログラマーしてる、最近はサイバーエージェントでゼミ長もしてる僕のネタ帳

『あなたのチームは、機能してますか?』を読んだ

booklog

※本の内容を紹介しており、ネタバレします

あなたのチームは、機能してますか?

あなたのチームは、機能してますか?

11月の始めくらいに読んだ書籍なんだけど、ずっとまとめてなかったので記載した。

書籍の内容構成

物語形式(ビジネス・フィクション)で進む200ページの中で「チームづくり」をテーマに話しが進む。 舞台はシリコンバレーの新興ハイテク企業、そこにブルーカラー企業出身の「キャサリン」がCEOに就任し、経営陣チームの健全化までの道のりを描いている。 また、他30ページ超で、書籍内で出てきた「モデル」について、解説があり、非常に親切な作りになっている。

モデル

下記の機能不全は、 「5つのまったく異なる問題で、個別に対処できるかのように誤解されるかもしれない。しかし実際には、これらは相互に関係しており、5つのうちの一つでももろい部分があれば、チームの成功は絶望的になる可能性さえある。」 と書籍内で説明のある通り、1つでも無視のできるものではない。

  1. 信頼の欠如(互いを信頼する)
  2. 衝突の恐怖(アイデアをめぐって遠慮なく衝突する)
  3. 責任感の不足(決定や行動計画に責任感をもって取り組む)
  4. 説明責任の回避(計画を守らなかった場合、互いの責任を追求する)
  5. 結果への無関心(チーム全体の結果を達成することを重視する)

結束の固いチームでは 1.から順にカッコ内に記載したとおりの内容を解消しているはず。

モデルに対しての所感

僕の個人的な感覚では、多くのチームは中身を伴わない、上辺だけのつながりが多く「1. 信頼の欠如(互いを信頼する)」がそもそも満たせていない気がする。 よって「2. 衝突の恐怖(アイデアをめぐって遠慮なく衝突する)」もそうだが、そもそも衝突すら無意味だと感じている方もいるのかもしれない。

結果として3. 4.を経由しているので、「5. 結果への無関心(チーム全体の結果を達成することを重視する)」が多発しているのかもしれない。 また、 強いリーダー(声の大きなうるさいリーダーも同意)は「4. 説明責任の回避(計画を守らなかった場合、互いの責任を追求する)」をメンバー間で追求させ、自分はフォローにまわるという動きができないので、自分で解決に翻弄されている。

まさに愚の骨頂。