読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@neiraza

2匹の怪獣が寝た後にプログラマーしてる、最近はサイバーエージェントでゼミ長もしてる僕のネタ帳

zshを始めようではないか

本当はAndroidのServiceについて整理しようと思ってた。
今まで何個かアプリをつくってきたけど、
Serviceを自作せず、全部Activity内でスレッドつくりながらゴリゴリしたりしていた。
元ネタにServiceあったら、そのまま使ってたけど。

理由は同プロセス内の処理だし、
処理途中でやめて、ゴニョゴニョしたりとかが無かった(無いように設計しちゃった)。

けど、ものすごく不自然になってきたので、
リリース前に改修しようかと思いたったわけ。
どうせリリースしてもサービスインってわけじゃないし、
「社内調整で~」とか「会社としてはやっぱり~」とかあるんだろうし。

ま、そんな事は興味ないけど、
不自然な作りになってるし、融通きかないし、ものすごーくスレッドがいっぱいで、面倒だし。
Serviceを自分で実装してないって、只の逃げだし。

んで以前買った本をみたけど、バインド使う/使わないしか説明がない。
本当はバインド使うにしても、ローカル/リモートって説明が必要だと思うんだけど、この糞が。
なので、普通にSDKのSampleSource中心に読むか~となったところで・・・・。


脱線して、「らめー」って台詞が多いと噂の『漢のzsh』を読みながら、設定を書いた。
第5回までは読んだ。
http://news.mynavi.jp/column/zsh/index.html


以下、「.zshrc」の記述。

[zsh]

# 標準の補完設定
autoload -U compinit
compinit
# 補完をつめて表示
setopt list_packed
# プロンプト設定
PROMPT="%B%{^[[1;36m%}%n#%{^[m%}%b "
RPROMPT="%B%{^[[1;33m%}%/#%{^[m%}%b "
PROMPT2="%B%{^[[1;31m%}%_#%{^[m%}%b "
SPROMPT="%B%{^[[1;35m%}%r is correct? [n,y,a,e]:%{^[m%}%b "
[ -n "${REMOTEHOST}${SSH_CONNECTION}" ] && 
    PROMPT="%{%}${HOST%%.*} ${PROMPT}"
# 履歴
HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=10000
SAVEHIST=10000
setopt hist_ignore_dups     # ignore duplication command history list
setopt share_history        # share command history data
# viライクなキーバインド設定
bindkey -v
# 履歴検索機能のショートカット設定
autoload history-search-end
zle -N history-beginning-search-backward-end history-search-end
zle -N history-beginning-search-forward-end history-search-end
bindkey "^P" history-beginning-search-backward-end
bindkey "^N" history-beginning-search-forward-end
# cd省略
setopt auto_cd
# cd記憶
setopt auto_pushd
# コマンド間違ってもおしえてあげる
setopt correct
# encoding
export LANG=ja_JP.UTF-8
# 
alias list
alias ls="ls -al"