読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@neiraza

2匹の怪獣が寝た後にプログラマーしてる、最近はサイバーエージェントでゼミ長もしてる僕のネタ帳

Android Cloud to Device Messaging Framework

C2DMネタ
http://code.google.com/android/c2dm/

app serverとdeviceの間に、messaging server用のCloudを挟み、
相手側のactionをtriggerにその内容(結果)をclientにpushしようというものだそうです。
『Google Chrome to Phone』というappで、試す事ができます。

会社では開発機とWeb&メール機の2台で、ディスプレイを1台づつ使用しています。
これだと開くモニタが足らなくなる事があるので、
そんな時に、手持ちのAndroidタブレット側で開いた方が楽ってことで、利用しています。

『Google Chrome to Phone』
Browser → Phoneに対しプッシュ実現
但し、このアプリは同アカウント内でのみしか遊べない。

Phoneに専用アプリを入れる。
Browserに専用のExtentionを入れる。
C2DMにsign upする必要があり、ここの内容が後々、GAEのデータストアに残っていると思われ。

GAEアクセス時に、現在のBrowserが表示しているURLを渡し、GAE上でC2DMにアクセス。
C2DMはsign up中のアカウントに対し、先程GAEから仕入れたURLを提供。
後は、Phone上で自動でBrowserが立ち上がり、URL先を表示。


余談だけど、
『Phone to Chrome』 ってのもある。上記の逆パターン。

Phoneに専用アプリを入れる。
Browserに専用のExtentionを入れる。
上記Extentionに、DropBox?のログイン情報を設定。

あとは、Phone側で適当にBrowserを開き、ページを表示。
そこで共有等の操作から、Phone to Chromeを選択するだけ。
こちらはChrome上で、プッシュされたなーってのが、右上のアイコンで分かる程度で、自動遷移はしない。

DropBox?は、接続先をメモ代わりに使っている模様。
確認したところ、以下の様なJSONファイルを発見。

showPages({
  "pages": [
    {
      "date": 1312778863499,
      "url": "http:\/\/hoge\/adiary\/fuga.cgi",
      "title": "☆保育園日記☆" 
    },
    {
      "date": 1312779029790,
      "title": "ニコニコ動画(原宿)",
      "url": "http:\/\/www.nicovideo.jp\/" 
    }
  ]
})